イベント情報

日本民家園かわさき宙(そら)と緑の科学館岡本太郎美術館生田緑地
8/1(木)
8/2(金)
8/3(土)古民家めぐり(暮らし) 蘇れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/4(日) 蘇れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔 リラックスヨガ
8/5(月)休園 休館 休館
8/6(火) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/7(水) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/8(木) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/9(金) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔 リフレッシュヨガ
8/10(土)企画展示解説(子ども向け)企画展示解説(一般向け) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/11(日)古民家めぐり(建築) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔じゅえき太郎とゆるふわ昆虫戯画
8/12(月) 甦れ!!バーチャルリアリティ 太陽の塔
8/13(火)休園 休館 休館
8/14(水)
8/15(木) テキスタイルで遊ぼう!
8/16(金)
8/17(土) ギャラリートーク
8/18(日)生田緑地サマーミュージアム「納涼民家園-水であそぼう!-」 祝20周年!!TARO缶バッジをつくろう 生田緑地サマーミュージアム2019
8/19(月)休園 休館 休館
8/20(火)
8/21(水) 「夏休みの宿題手伝います」ツアー
8/22(木) 「夏休みの宿題手伝います」ツアー
8/23(金)
8/24(土)
8/25(日)お国言葉で語りっこ ギャラリートーク ベーシックヨガ押し花ワークショップ
8/26(月)休園 休館 休館
8/27(火)
8/28(水) 60歳からの優しいヨガ
8/29(木)
8/30(金) プレミアムTAROナイト
8/31(土)
9/1(日) リラックスヨガ森でそとよみ Park&Read~森の図書館リニューアル記念~
9/2(月)休園 休館 休館
9/3(火)
9/4(水)
9/5(木)
9/6(金)
9/7(土)むかし話「万華鏡のむかし話」 ナイトミュージアム
9/8(日)
9/9(月)休園 休館 休館
9/10(火)
9/11(水) はいはい&よちよち美術館ツアー
9/12(木)
9/13(金)《コラボ企画》お月見デー「民家園と科学館で十五夜を楽しもう!」
9/14(土)企画展示解説(一般向け)
9/15(日)古民家めぐり(建築) 太郎deくんくんウォーク 植生管理についての勉強会「都市公園等における雑木林保全管理の考え方と実際」
9/16(月) ピクニックデー2019~枡形山展望台リニューアル記念~
9/17(火)休園 休館 休館
9/18(水)
9/19(木)
9/20(金) リフレッシュヨガ
9/21(土)みちのく・むかし話
9/22(日)古民家めぐり(暮らし) 自分やーめた~変身して美術館で写真を撮ろう!~ ベーシックヨガ森のマルシェ押し花ワークショップ
9/23(月)
9/24(火)休園 休館 休館
9/25(水) 60歳からの優しいヨガ
9/26(木)
9/27(金)
9/28(土) “私の《太陽の塔》”をかいて、つくって、おめでトウ!!
9/29(日) “私の《太陽の塔》”をかいて、つくって、おめでトウ!!
9/30(月)休園 休館 休館
10/1(火)
10/2(水)
10/3(木)
10/4(金)
10/5(土) 美術館でフラワーレッスンVol.5「モダンハロウィン」
10/6(日) 二子流東京鬼剣舞による《鬼剣舞》 リラックスヨガ
10/7(月)休園 休館 休館
10/8(火)
10/9(水) 四季のいきいきシニアヨガ~秋編~
10/10(木)
10/11(金) リフレッシュヨガ
10/12(土)
10/13(日)
10/14(月)
10/15(火) 休館
10/16(水)休園 休館 休館
10/17(木) 休館
10/18(金) 休館
10/19(土) 第42回多摩区民祭
10/20(日) どろんこ教室
10/21(月)休園 休館 休館 秋の親子撮影会
10/22(火)
10/23(水)休園 休館 休館 60歳からの優しいヨガ
10/24(木)
10/25(金) 休館
10/26(土) どろんこ教室
10/27(日) 角文平ワークショップ「一坪タウン」 ベーシックヨガ押し花ワークショップ森のマルシェ
10/28(月)休園 休館 休館
10/29(火)
10/30(水) 太郎さんと音あそび
10/31(木)
川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムのイベント情報はこちらから

当日イベント情報

リフレッシュヨガ

リフレッシュヨガの様子

毎月第3金曜日 開催  平日に心地よい朝時間を。
【開催場所】中央広場他 ※雨天時はビジターセンター2階
【講師】Ami
【定員】各回15名
【時間】10:00~約1時間
【参加費】1,000円(中学生以下無料)

・持ち物:ヨガマット、手ぬぐいサイズのタオル、飲み物、寒暖調節にブランケットやバスタオルをお持ちください。
・服装:運動しやすい服装(スカート、きつめのジーンズ不可)
※開催場所や日程は変更になる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

【申込方法】*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*
【URL】下記関連リンクよりお申込みいただけます。
【申込受付】前月レッスン後より予約可
【お問い合わせ】TEL:044-933-2300(東口ビジターセンター担当:オチ・ワタナベ)
https://ws.formzu.net/fgen/S65581988/(別ウィンドウで開く)

期間イベント情報

どろんこ教室

※事前登録制 ※本イベントの受付は終了しております。
生田緑地では、地域のボランティア活動の皆さんと共に、自然と親しみ、学ぶ、体験教室をご用意しています。 里山の風景が広がる生田緑地初山地区で、田んぼや畑の作業体験をしませんか。

日程 全8回の体験コースとなります。
4月21日(日)・27日(土) 竹の間伐(参加費徴収日)
*2日間のうちいずれか1回にご参加ください。

6月8日(土) 開会式・田植え
7月6日(土) 田んぼの草刈り
8月4日(日) 防鳥ネット設置・かかしづくり
9月1日(日) 秋じゃがいも植付け
10月20日(日) 稲刈り・稲架(はざ)かけ
10月26日(土) 脱穀・サツマイモ堀り
12月1日(日) 秋じゃがいも堀り・注連縄(しめなわ)他

時間 9時30分に東口ビジターセンター前(2階入口)集合。12時頃に初山地区田んぼにて解散。
*雨天決行・台風などの荒天中止(当日HP等にてご案内)
対象 小学生・中学生までのお子様と保護者
定員 30家族(先着順・生産物は家族単位)

協力 飛森谷戸の自然を守る会
お問合せ先 整備事務所/オチ TEL:044-933-2063

これまでの企画展みんな見せます!前期/岡本太郎・縄文から現代へ



場所:岡本太郎美術館

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30日に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎えます。
岡本太郎美術館では開館以来、常設展示室での収蔵作品展示のほかに、企画展として、「岡本太郎を顕彰し、その芸術性を探るもの」、「岡本太郎が交流した作家とその時代」、「芸術と社会との関り」を企画展のテーマとして展覧会を開催してきました。20年の間にこれらの企画展は約60回となります。
開館20周年の記念として、これまでに開催してきた企画展を振り返り、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し展示する展覧会を前期と後期に分けて開催します。
前期展では、岡本太郎の多面的な活動の足跡と、縄文土器から民族の源流を探るフィールドワークの旅、そして岡本太郎と関わりの深い同時代の作家を紹介します。
本展を通じてこれまでの展覧会を振り返り、今後の美術館の更なる役割を見出すきっかけとしたいと考えています。

会期:2019年7月13日(土)~10月14日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(7月15日、8月12日、9月16日、9月23日、10月14日を除く)
    7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)
観覧料:一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円 中学生以下は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館
協力:岡本太郎記念館、東京国立近代美術館、
   川崎市市民ミュージアム、中村正義の美術館、昭和女子大学光葉博物館、
   井戸尻考古館、ワンダーアートプロダクション、
   特定非営利活動法人熱帯森林保護団体、早稲田大学、廣村デザイン事務所、
   二子流東京鬼剣舞
助成:一般財団法人地域創造
協賛:岡本太郎美術館20周年事業支援実行委員会
関連リンク:http://www.taromuseum.jp/exhibition.html(別ウィンドウで開く)
連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898

キッズTARO募集 テーマ「〇〇の美術館」

場所:岡本太郎美術館

岡本太郎美術館が開館20周年を迎えました。こんな美術館(例えば怪獣の美術館、花の美術館、数学の美術館、、、)があったらおもしろい!こんな自分の作品を展示してみたい、など自由にえがいて応募してください。

募集期間:9月15日(日)~10月14日(月・祝)
展示期間:10月26日(土)~11月24日(日)
予定 展示場所:ギャラリースペース
関連リンク:http://www.taromuseum.jp/event.html(別ウィンドウで開く)
連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898

常設展 岡本太郎美術館20周年記念「開運 岡本“福”太郎」

場所:岡本太郎美術館

1999年に開館した岡本太郎美術館は今年で20年の節目を迎えます。
この度、常設展示室は約半年の休室を経て、「開運」をテーマとした展示を開催します。
岡本太郎は油彩や彫刻に留まらず、版画やインテリア、グラフィック、写真、著述など幅広い制作を行っていました。
一方で、逆境や危険にあえて立ち向かう岡本の芸術は一貫して力強いエネルギーを持っています。
本展では開館20周年を記念し、岡本の様々なジャンルの作品を集結させます。
また、ご来館いただいた皆さまの運が開けることを願い、岡本の重要なモチーフである「太陽」をはじめとした縁起のよい色・形・主題を、高天麗舟氏の特別監修による方位学を取り入れた展示構成にて紹介します。
岡本の創作のエネルギーを感じることで、皆さまに力強い“福”が訪れるよう、願っております。

会期:2019年10月19日(土)~2020年1月13日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(11月4日、1月13日を除く)、10月23日(水)、10月25日(金)、
    11月5日(火)、12月29日(日)~1月3日(金)
観覧料:2019年10月19日(土)~10月24日(木)までは常設展のみ
    一般500(400)円、高・大学生・65歳以上300(240)円、中学生以下は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金

    2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝)までは企画展とのセット料金
    に変わります。
    一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金

関連リンク:http://www.taromuseum.jp/nextexhibition.html(別ウィンドウで開く)
連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898

これまでの企画展みんな見せます!後期/芸術と社会・現代の作家たち



場所:岡本太郎美術館

生前の岡本太郎氏から川崎市が2千点におよぶ主要作品の寄贈を受け、1999年10月30日に岡本太郎美術館が開館し今年で20年を迎えます。
岡本太郎美術館では開館以来、企画展として、「岡本太郎を顕彰しその芸術性を探るもの」、「岡本太郎が交流した作家とその時代」、「芸術と社会の関わり」、「次世代を創造する作家への支援」をテーマに展覧会を開催してきました。20年の間に開催した企画展は約60回となります。
開館20周年の記念として、これまでに開催してきた企画展を振り返り、展覧会を象徴する代表作品や資料を抽出し展示する展覧会を前期と後期に分けて開催します。
後期展では、「芸術と社会の関わり」、「次世代を創造する作家への支援」、「岡本太郎が交流した作家とその時代」をテーマとした企画展を紹介します。「芸術と社会の関わり」では、震災という日本人とは切っても切れない災害の問題、食や鉄道といった日常のモチーフ、あるいはゴジラやウルトラマンといった映画やテレビのキャラクターなど、一見芸術とは無縁と思われる社会的な事象と芸術との関わりに焦点をあてた展覧会を紹介します。
「次世代を創造する作家への支援」からは、岡本太郎現代芸術賞の作家を中心とする現代の作家たちを紹介します。「岡本太郎が交流した作家とその時代」では、池田龍雄、北代省三、村上善男、土方巽、小野佐世男などの作品を展示してその関わりと時代について紹介します。
本展を通じて、20年間の美術館の様々な事業を振り返り、多くの方々と共有することで美術館への理解を頂くとともに、今後の美術館の更なる役割を見出すきっかけとしたいと考えています。

会期:2019年10月26日(土)~2020年1月13日(月・祝)
開館時間:9:30~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(11月4日、1月13日を除く)、
    11月5日(火)、12月29日(日)~1月3日(金)
観覧料:一般1,000(800)円、高・大学生・65歳以上800(640)円、中学生以下は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
主催:川崎市岡本太郎美術館
協力:岐阜県美術館、慶応義塾大学アート・センター、群馬県立館林美術館、
   東京都現代美術館、横浜市民ギャラリー、ミヅマアートギャラリー、
   株式会社ヒビノスペシャル、横田茂ギャラリー、アートフロントギャラリー、
   ギャラリーQ、The Third Gallery Aya、
   佐藤慶次郎作品研究グループ「すすきラボ」、株式会社円谷プロダクション、
   株式会社東宝映像美術、東宝株式会社、株式会社バボット、有限会社佐内事務所、
   廣村デザイン事務所、Digiart,Inc.
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団
協賛:岡本太郎美術館20周年事業支援実行委員会(株式会社日比谷花壇、
   株式会社日比谷アメニス、東急ファシリティサービス株式会社、
   三本珈琲・カフェテリアTARO、岡本太郎美術館ミュージアムショップ、
   川崎国際生田緑地ゴルフ場、東京急行電鉄株式会社、東急建設株式会社、
   特定非営利活動法人 明日の神話保全継承機構、高橋工務店、
   川崎市菓子組合多摩麻生支部、多摩区観光協会、川崎競輪場、
   カワトク・カワセイグループ、株式会社アービア設計事務所、
   川崎西北ロータリークラブ)
関連リンク:http://www.taromuseum.jp/nextexhibition.html(別ウィンドウで開く)
連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898