イベント情報

日本民家園かわさき宙(そら)と緑の科学館岡本太郎美術館生田緑地
6/1(火)
6/2(水)
6/3(木)
6/4(金)年中行事展示「原家夏座敷」
6/5(土) サイエンスワークショップ どろんこ教室 田植え・じゃがいも堀り
6/6(日) 「挑む 岡本太郎」ギャラリートーク リラックスヨガ
6/7(月)休園 休館 休館
6/8(火)
6/9(水) はいはい&よちよち美術館ツアー
6/10(木)
6/11(金)
6/12(土) サイエンスワークショップ かわいいコケ玉を作ろう!
6/13(日) 「岡本太郎の食」ワンポイントトーク 森のマルシェ
6/14(月)休園 休館 休館
6/15(火)
6/16(水) ベビーマッサージ
6/17(木)
6/18(金)
6/19(土) サイエンスワークショップ ワークショップ「自分に挑む!」
6/20(日) 「挑む 岡本太郎」ギャラリートーク
6/21(月)休園 休館 休館
6/22(火)
6/23(水) 優しい椅子ヨガ
6/24(木)
6/25(金)
6/26(土) サイエンスワークショップ 「挑む 岡本太郎」展関連イベント「太郎とあなたでダンスする」 ベーシックヨガ
6/27(日) 「岡本太郎の食」ワンポイントトーク 【中止】森のマルシェ
6/28(月)休園 休館 休館
6/29(火)
6/30(水)
7/1(木)企画展示「二足のわらじはなぜわらじ?-ことわざになった道具考-」
7/2(金)
7/3(土) 美術館でフラワーレッスンvol.12「サマーサンドアレンジ」 【中止】どろんこ教室 田んぼの草刈り
7/4(日) 「挑む 岡本太郎」展関連イベント「生命の挑み」 リラックスヨガ押し花ワークショップ
7/5(月)休園 休館 休館
7/6(火) 休館
7/7(水) 休館
7/8(木)
7/9(金)
7/10(土)
7/11(日)古民家めぐり(暮らし) 森のマルシェ
7/12(月)休園 休館 休館
7/13(火)
7/14(水)
7/15(木)
7/16(金)
7/17(土)企画展示解説(一般向け)年中行事展示「盆行事」 【お知らせ】7月17日(土)の館内催事に伴う科学館開館時間につきまして じゃがいも学校 トウモロコシ迷路
7/18(日) じゃがいも学校 トウモロコシ迷路
7/19(月)休園 休館 休館
7/20(火)
7/21(水) 【中止】ベビーマッサージ
7/22(木) 今日から!2021生田緑地クイズラリー
7/23(金)
7/24(土) ベーシックヨガ
7/25(日)古民家めぐり(建築) 森のマルシェ
7/26(月)休園 休館 休館
7/27(火) 「夏休みの宿題手伝います」ツアー
7/28(水) 「夏休みの宿題手伝います」ツアー 優しい椅子ヨガ
7/29(木)
7/30(金)
7/31(土)企画展示解説(子ども向け)
8/1(日) 押し花ワークショップどろんこ教室 防鳥ネット設置・かかしづくりリラックスヨガ
8/2(月)休園 休館 休館
8/3(火)
8/4(水)
8/5(木)
8/6(金)
8/7(土)
8/8(日) 美術館裏探検
8/9(月)
8/10(火)休園 休館 休館
8/11(水)
8/12(木)
8/13(金)
8/14(土)企画展示解説(こども向け)
8/15(日)古民家めぐり(暮らし)
8/16(月)休園 休館 休館
8/17(火)
8/18(水) ベビーマッサージ
8/19(木) 「夏休みの宿題手伝います」ツアー
8/20(金)
8/21(土)企画展示解説(こども向け)
8/22(日) ワークショップ「ささいここうちくく」
8/23(月)休園 休館 休館
8/24(火)
8/25(水) 優しい椅子ヨガ
8/26(木)
8/27(金)
8/28(土)企画展示解説(一般向け) ベーシックヨガ
8/29(日)古民家めぐり(建築) 最終日!2021生田緑地クイズラリー
8/30(月)休園 休館 休館
8/31(火)
川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムのイベント情報はこちらから

当日イベント情報

【中止】リラックスヨガ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当イベントについては開催中止となりました。

毎月第1日曜日開催
自然の音や光を感じながら穏やかな時間を。

      1. 時間 9時00分から10時15分
      2. 場所 中央広場
      3. 参加費 1000円(中学生以下無料)
      4. 定員 各回15名
      5. 講師 Yukiko

 

      1. 持ち物 ヨガマット、飲み物、寒暖調節にブランケットやバスタオルをお持ちください。
      2. 服装 運動しやすい服装(スカート、きつめのジーンズ不可)
      1. 申込方法 下記関連リンクよりお申込みいただけます。
      2. 申込受付 前月レッスン後より予約可
      3. 関連リンク : https://ws.formzu.net/fgen/S65581988/(別ウィンドウで開く)

※開催場所や日程は変更になる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。


連絡先:生田緑地東口ビジターセンター TEL:044-933-2300

期間イベント情報

伝統工芸館ミニ展示「藍T -藍染めTシャツの魅力-」

      
  1. 会期: 2021年5月12日 水曜日~8月29日 日曜日
展示詳細については 日本民家園ホームページをご覧ください。
連絡先:川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181
    伝統工芸館     TEL:044‐900‐1101

年中行事展示「原家夏座敷」

    期間:2021年6月4日 金曜日~9月14日 火曜日
展示の詳細については日本民家園ホームページをご覧ください。
連絡先:川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181

企画展示「二足のわらじはなぜわらじ?-ことわざになった道具考-」

  1. 会期 2021年7月1日 火曜日~2021年11月30日 火曜日
  2. 時間 9時30分~17時 ※11月~2月は9時30分~16時30分
  3. 場所 本館企画展示室
  4. 料金 無料(要入園料)
展示の詳細については日本民家園ホームページをご覧ください。
連絡先:川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181

常設展「太郎さんの心の中を楽しもう!」

太郎さんの心の中を楽しもう!

「悲しいとき、嬉しいとき、苦しいときも、私は身のまわりに猛烈に色を塗りこめる。」 岡本太郎『岡本太郎の眼』(朝日新聞社、1966年)

岡本太郎の作品からは、じつにさまざまな感情があふれだしています。
絵画にとどまらず、壁画や彫刻、家具や日用品といったプロダクトデザインに至るまで、まるで太郎さんの感情そのものが創作の源泉になっているようです。
作品の前に立つと、不思議な表情に笑ってしまったり、びっくりさせられたり、激しい色彩に気持ちを揺さぶられたり、見ているこちら側もいろんな感情を呼び起こされてきませんか?
本展では、ユーモラスな表情が来館者からも人気の《坐ることを拒否する椅子》約20点を一堂に展示いたします。
また展示の一部は、あえて作品名を付けていませんので、タイトルに縛られず、ぜひイマジネーションを膨らませてみてください。
小さな子どものように、にこにこ笑いながら作品とにらめっこをしたり、眉間にしわを寄せながら恐る恐る作品に立ち向かったり……。「見ることは、創ること」という太郎さんの言葉どおり、作品を通して岡本太郎の心の中を感じ、見る側の心が動く瞬間も楽しんでいただけたら幸いです。

会期:2021年7月8日 (木)-2021年10月11日 (月)
開館時間:9:30~17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(8月9日、9月20日、10月11日を除く)、8月10日(火)、9月21日(火)、24日(金)
観覧料:7月8日(木)~7月16日(金) ※常設展のみ開催
一般500(400)円、高・大学生・65歳以上300(240)円、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金 7月17日(土)~10月11日(月) ※企画展とのセット料金となります。
一般900(720)円、高・大学生・65 歳以上700(560)円、中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

関連リンク:">https://www.taromuseum.jp/exhibition.html(別ウィンドウで開く)
連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898

企画展「太郎写真曼陀羅 ーホンマタカシが選んだ!! 岡本太郎の眼ー」

太郎写真曼陀羅展

岡本太郎は、雑誌連載の企画で日本各地を取材のために訪問し、文章の挿図のために自ら写真を撮り続けました。
そこには、1954年の写真家・土門拳との対談で自身が述べた通り「偶然を偶然に撮影して必然」にした像が確かに撮影されています。岡本の写真は記録であるものが多く、それはカメラを通して岡本が対象に見出した発見の記録だったのでしょう。

一方、対象との特有の距離感とクールな色合いを持ち、被写体をその背景や文脈を切り離して写し出すことで高い評価を得てきた写真家・ホンマタカシは、自身の写真について「写真を使った世界の見方をさまざまに問いかける試み」 であると語っています。

本展覧会は、岡本が撮影した写真を中心に掲載した『太郎写真曼陀羅』(筑摩書房、2011年)をホンマタカシの視点から再構成する写真展です。ホンマが選んだ写真は、岡本が取材の対象として被写体に迫るように撮影したものではなく、街中の看板や建物、旅先で出会った女性、ふいに写り込んだ人々など、取材の合間に何気なく、ついシャッターを切ってしまったように見える写真です。そういった「なんてことない風景」の中にホンマは写真の、そして岡本の世界の魅力を見出しました。また、自身が写すだけでなく、他者が撮影した像をも取り入れて作品としてきたホンマの視線は、岡本が撮影した写真と岡本自身が写された写真を区別せず、「岡本太郎が居て、そこになんらかのコトが起こっていて、誰かがシャッターを切る。」それが岡本太郎の写真であると捉えました。多くの未発表作と岡本自身を合わせたこの岡本太郎の小宇宙ともいえるような写真群は、岡本の写真の新たな見方を発見する手がかりとなるでしょう。

みどころ
●写真家ホンマタカシが『太郎写真曼陀羅』(筑摩書房、2011年)から選んだ岡本太郎の写真を5つの分類で紹介
●分類ごとにホンマタカシの見どころコメントを紹介
●岡本太郎が日本各地で撮影した写真と岡本自身が写された写真を紹介
※本展覧会はすべての作品の写真撮影が可能です。(動画撮影、フラッシュ撮影、三脚・自撮り棒・ジンバル等の器材の使用は不可)  出品作品の中からお気に入りを見つけて、SNSでシェアしましょう。

展示構成
1.岡本太郎自身
2.ポートレイト
3.取材
4.看板
5.スナップショット

会期: 2021年07月17日 (土)-2021年10月11日 (月) 開館時間:9:30-17:00(入館16:30まで) 休館日: 月曜日(8月9日、9月20日、10月11日を除く)、8月10日(火)、9月21日(火)、24日(金) 観覧料: 一般900(720)円、高・大学生・65 歳以上700(560)円、中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金 ※常設展示とセットの料金となっております。 主催: 川崎市岡本太郎美術 助成: 一般財団法人地域創造 関連リンク:https://www.taromuseum.jp/exhibition.html(別ウィンドウで開く) 連絡先:川崎市岡本太郎美術館 TEL:044-900-9898

年中行事展示「盆行事」

  1. 期間:2021年7月17日 土曜日~8月17日 火曜日
展示の詳細については日本民家園ホームページをご覧ください。
連絡先:川崎市立日本民家園 TEL:044-922-2181

2021生田緑地クイズラリー

 width= えんぴつを持って参加しよう! 2021年7月22日(木・祝)から8月29日(日) 夏休みの回遊イベント「生田緑地クイズラリー」を開催します!   ◇クイズラリー参加方法◇ 「クイズ台紙」をゲットしたら 5つの施設をめぐってクイズに答えてキーワード集めよう! 「クイズ台紙」は、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム、川崎市岡本太郎美術館、 日本民家園(正門)、かわさき宙(そら)と緑の科学館、生田緑地東口ビジターセンターと 西口サテライト、生田緑地整備事務所、登戸行政サービスコーナーでもらえるよ。   ◆クイズのある施設◆ ○川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム ○川崎市岡本太郎美術館 ○日本民家園(正門) ○かわさき宙(そら)と緑の科学館 ○登戸行政サービスコーナー(JR登戸駅改札口正面)   ❶キーワードを3つ集めたら、記念品をもらおう! ❷キーワードを5つ全部集めたら、Wチャンスの応募ハガキをもらおう! ❸応募ハガキに希望の賞品を書いて送ろう!抽選で素敵な賞品をプレゼント!   記念品やWチャンスの応募ハガキは、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム、川崎市 岡本太郎美術館、日本民家園(正門)、かわさき宙(そら)と緑の科学館、生田緑地 東口ビジターセンターと西口サテライト、生田緑地整備事務所、登戸行政サービスコーナーでもらえるよ。 ____________________________________________________ ※クイズラリーは台紙の配布が終了次第、終了となります。 ※Wチャンスの応募締切は2021年8月31日(火)消印有効となります。 ※クイズの閲覧・記念品やWチャンスの応募ハガキ受取りは開館中のみ可能です。 ※各施設でお休み・開閉時間が異なるため、確認してご参加ください。 ➡【生田緑地の各施設情報はこちら】 _____________________________________________________ 詳しくは、ポスターやクイズ台紙をご覧ください。 生田緑地クイズラリー告知ポスター(PDF形式1743KB) ➡ダウンロードはこちら